外注化戦略

外注ライターに厳守させるべき3つの文章ルール

この記事では、僕が「1記事 数百円」で雇っている外注ライターさんへの対応について書いています。

複数の外注ライターさんを雇ってひとつのサイトを作っていくためには、文章の書き方を統一させたいですよね。

ただ、「あれもこれも」とルールで縛りつけると、1記事数百円で書いているようなライターさんはすぐ辞めてしまいます。

 

そうならないためにも、ルールは最低限守ってほしいことだけに絞ることが重要です。

ルールが多ければ多いほど「守らない」・・・というより、「守れない」人が多くなって、けっきょく自分でなおすことになるからです。

 

ここでは、外注ライターに厳守させるべき3つの文章ルールについて詳しく書いていきます。

 

ルールは3つに絞ると守りやすい!

まずは守ってもらいたいルールを「3つ」に絞ります。

なぜ「3つ」に絞るのかというと、ほとんどの人が「簡単に守れる(覚えられる)数」だからです。

ルールの数が多ければ多いほど、確認作業が増える(これがめんどくさい)。

この「めんどくさい」という気持ちが、ライターさんのやる気を下げる原因になってしまうんです。

 

ただこれは、「3つからはじめる」という意味であって、「3つだけでいい」という意味ではありません。

段階的にルールの数を増やしていくための第一ステップとして、まずは「3つ」からはじめていきましょう。

 

僕が最初に設定しているルールは以下の3つです。

  1. 漢字とひらがなのルール
  2. かっこの使い方
  3. 英数字の全角半角の使い分け

それでは詳しく説明していきます。

 

【ルール①】漢字とひらがなの使い分け

漢字の使用率「30%前後」がもっとも読みやすい文章とされています。

実際に、スッと入ってくるような読みやすい文章のほとんどが「30%前後」で書かれているんですね。

これが意外と重要なので、僕は「漢字とひらがなの使い分け」をルール化しています。

 

使い方がバラバラな言葉をピックアップする

ライターさんによって、特に「漢字とひらがなの使い方がバラバラだな~」と思う言葉をピックアップしていきます。

数は気にしなくていいので、自分が気になった言葉をすべて出してしまいましょう。

 

僕の場合は以下のような言葉をピックアップしています。

<漢字⇒ひらがな例10>

  1. 「出来る」 ⇒ できる
  2. 「色々」 ⇒ いろいろ
  3. 「沢山」 ⇒ たくさん
  4. 「是非」 ⇒ ぜひ
  5. 「全て/全く」 ⇒ すべて/まったく
  6. 「確かに」 ⇒ たしかに
  7. 「丁度」 ⇒ ちょうど
  8. 「後/後で」 ⇒ あと/あとで
  9. 「何時」 ⇒ いつ
  10. 「殆ど」 ⇒ ほとんど

 

この中で、特に使い方がバラバラで使用率の高い言葉は、

  1. 「出来る」 ⇒ できる
  2. 「沢山」 ⇒ たくさん
  3. 「是非」 ⇒ ぜひ

この3つです。

僕の場合はまず「この3つ」を守ってもらうことからはじめています。

 

ライターさんが迷わないようにするためにも、

「このサイトではこのルールで行く」という「基準」を作ってあげることが大事です。

 

 

これすら「めんどくさいな~」という方は、「文賢」という「文章作成アドバイスツール」を使ったほうがいいですね。

いちいちライターさんに細かいルールを教えなくてもいいし、設定したルール通り書かなかったら自分の代わりにツールが指摘してくれます。

ライターさんは、指摘されたところを確認しながら直していくだけだし、こちらはツールにルールの設定をしておくだけなので、精神的にものすごく楽になりますよ。

 

※文賢の使い方についてはこちらの記事を参考にしてください。

「文賢」の賢い使い方|外注ライターへの対応が圧倒的に楽になる!

この記事は、1記事数百円ほどの外注ライター(プロじゃない人)を雇って記事を書いてもらっている人に向けて書いています。   ...

続きを見る

 

【ルール②】括弧かっこの使い方

括弧かっこにはたくさんの種類があります。

括弧には丸括弧(まるかっこ)・鉤括弧(かぎかっこ)・二重鉤括弧(にじゅうかぎかっこ)・角括弧(かくかっこ)・波括弧(なみかっこ)・亀甲括弧(きっこうかっこ)・山括弧(やまかっこ)・隅付き括弧(すみつきかっこ)などの種類がある。

Wikipedia「括弧」より引用

その中でも、

  • ()⇒ 丸括弧(まるかっこ)
  • 「」⇒ 鉤括弧(かぎかっこ)
  • 『』⇒ 二重鉤括弧(にじゅうかぎかっこ)

この3つはよく使うので、統一するためにも「正しい使い方」を覚えてもらう必要があります。

 

使い方を簡単に説明すると、

  • ( ) 丸括弧(まるかっこ)
    「補足情報」や「読みがな」「心の声」を入れるときに使う
  • 「」 鉤括弧(かぎかっこ)
    「セリフ(会話文)」と「強調したい言葉」に使う
  • 『 』 二重鉤括弧(にじゅうかぎかっこ)
    「」の中で「」を使いたいときと、書籍名や映画のタイトルなどに使う

このような感じです。

 

僕は今まで300人以上の素人ライターさんを見てきましたが、ほとんどの人が「かっこ」の正しい使い方を知らないまま、「感覚」で使っている印象です。

そういう僕も勉強するまでは「かっこ」の正しい使い方なんて知らなかったので、エラそうなこと言えないんですけどね(笑)

 

かっこに関連する「注意点」として、

  1. 括弧(かっこ)閉じの前には句読点をつけない
  2. 括弧は「全角」に統一する

この2点も守ってもらいましょう。

 

【ルール③】英数字の「全角」と「半角」の使い分け

「全角」と「半角」はきちんと統一していないと、ひとつの記事の中でもごちゃごちゃになってしまいます。

とくにスマホ入力している場合は、キーボードアプリや機種によって「文字変換予測」がバラバラなので、ややこしい……。なので、ハッキリと指示を出してあげましょう。

 

簡単にいうと、

数字の1桁以外は全部「半角」。

 

これで統一すればOKです。

  • 数字の1桁 ⇒「全角
  • 数字の2桁以上 ⇒「半角
  • 英語 ⇒「半角

 

使い分けるのがめんどくさい場合は「すべて半角に統一する」という手もあります!

なぜ「すべて半角」に統一するのかというと、もし中途半端に「全角」が入っていたとしても、ワードプレスの「検索置換」を使えば一括で「半角」に統一できるからです(ここでは詳しく書きませんが)。

 

「全角」と「半角」のルールぐらいは覚えてほしいんですけど、けっこう守らない人(忘れてしまう人)は多いんですよねぇ……。

なのでこれはしつこく言うしかないと思っています。

 

まとめ

最初のころは覚えることが多いので難しいと思います。

なので、あんまり厳しくしないほうがいいです。

一気に間違えているところを注意するより、「まずはひとつずつ覚えていこう!」というスタンスのほうが、最終的にはルールを守ってくれる人が多くなります(経験上)。

雇っているのはプロのライターさんじゃないので、あまり高度な要求をせずに、ゆっくり育てていけばいいと思いますよ!

 

注意したり教えたりするのがめんどくさい!

という場合は、有料ですけど「文賢」を使ったほうがいいですよ。

参考
「文賢」の賢い使い方|外注ライターへの対応が圧倒的に楽になる!

この記事は、1記事数百円ほどの外注ライター(プロじゃない人)を雇って記事を書いてもらっている人に向けて書いています。   ...

続きを見る

-外注化戦略

© 2020 俺の人生.com