ワードプレス

ワードプレスにテーマをインストールする手順|アフィンガー5編

この記事では、WordPressに有料テーマ「WING(アフィンガー5)」をインストールし、有効化させるまでの手順を解説しています。

 

アフィンガーには、親テーマと子テーマの2つがあります。

子テーマとは簡単にいうと、親テーマと組み合わせて使う「カスタマイズ用のテーマ」。

親テーマをカスタマイズしてしまうと、テーマをアップロードするたびに、苦労してカスタマイズした設定がリセットされてしまいます。

  • 「親テーマ」⇒ メインデータ
  • 「子テーマ」⇒ カスタマイズ用

親テーマが無ければ子テーマは動かないので、必ずこの2つをインストールしましょう。

それでは「WING(アフィンガー5)」をインストールし、有効化させるまでの手順を解説していきます。

 

※今回インストールしたのは「AFFINGER5 EX版」です。

 

インストールの手順

親テーマをインストールする

まずはWordPressの管理画面にログイン。

左メニューにある、①「外観」⇒ ②「テーマ」をクリックする。

 

「新規登録」をクリックする。

 

①「テーマのアップロード」⇒ ②「ファイルを選択」をクリックし、アップロードするファイルを選択する。

 

WPテーマのテンプレートを保存している場所を開き、ファイルを選択する。


※アフィンガー5のファイル「affinger5.zip」を選択。

アップロードするのは「ZIPファイル(.zip)」です。

 

ファイル名(affinger5.zip)を確認し、「今すぐインストール」をクリックする。

 

アップロードが完了したら、「テーマのページへ戻る」をクリックする。

親テーマを有効化する必要はありません。

 

子テーマをインストール

もう一度先ほどと同じ手順で「子テーマ」をインストールします。

「新規登録」⇒「テーマをアップロード」⇒「ファイルを選択」※子テーマを選ぶ(affinger5-child.zip)⇒「今すぐインストール」

 

 

インストールが完了したら、「有効化」をクリックし、子テーマを有効化します。

 

有効化したテーマを確認する

テーマ一覧で、「WING-AFFINGER5 Child」が「有効」になっていればOKです。

※有効化するのは子テーマだけ。本体のテーマは有効化しないでください。

 

ネット上で確認する

テーマが反映されているかを確認します。

 

テーマが反映されていることが確認できたら、次はカスタマイズです。

「WING(アフィンガー5)」では、無料で利用できる「デザイン済みデータ」というものがあります。

  • NOTE.2020

  • MOCHA(モカ)

  • YouTube2

これをインポートするだけで、完成されたデザインをそのまま利用することができます。

 

あーでもない…こーでもない…と悩みながら、細かい設定をしなくてもいいのでめちゃ楽ですよ♪

 

「デザイン済みデータ」を反映する手順については、下記の記事に詳しく書いているので参考にしてください。

参考記事
デザイン済みデータを反映させる手順を解説|WING(AFFINGER5)

この記事では、ワードプレスのテーマ「WING(AFFINGER5)」に、デザイン済みデータを反映させるための手順を詳しく ...

続きを見る

-ワードプレス

© 2020 俺の人生.com