PR AutoCAD

[AutoCAD]作成した3Dオブジェクトを伸縮させる簡単な方法

どうも、 効率化大好き カズ です。

今回は、3Dオブジェクトを伸縮させる簡単な方法について解説します。

コマンドを使った伸縮や、マウス操作だけで行える伸縮など、方法はいろいろあるんですが、ここではカンタンな方法に絞って紹介したいと思います。

この記事は、AutoCADの3D「初心者~中級者まで」に向けて解説しています。

※以下の環境で手順を解説していきます。

使用ソフトAutoCAD 2023
ワークスペース3Dモデリング

プリミティブで作成したオブジェクトを伸縮させる

直方体や円柱など「プリミティブ」で作成したオブジェクトの場合は[▲]を引っ張るだけで延長・短縮できます。

AutoCADでの「プリミティブ」は、モデリングの基本となるシンプルかつ単純な形状の図形のことを指します。

1)オブジェクトを選択すると、中心に「X・Y・Z」軸の矢印が表示されます。

[ギズモなし]に設定していると表示されません。

さらによく見てみると、

  • 円柱は上下の面に「▲・▼」
  • 直方体だと面やエッジに「▲・▼・◀・▶」

が表示されているはずです。

2)この矢印をクリックし、伸ばしたい方向にカーソルを移動すると、オブジェクトの面が伸び縮みします。

オフセット距離も指定できます。

[境界引き伸ばし]を使って伸縮させたオブジェクトは「◀▲▼▶」が表示されなくなります。矢印操作で伸縮で きなくなるので注意してください。

ソリッド以外のオブジェクトを伸縮させる場合

ソリッド形状以外は、オブジェクトを選択したときに「X・Y・Z」軸の矢印しか表示されません。

ここで言うソリッド形状以外とは、例えば、フィレットエッジをかけていたり、穴開けなどの修正を加えたオブジェクトのことです。

オブジェクト例

こういったオブジェクトを伸縮させる方法として、

  • 境界引き伸ばし
  • 面を押し出し

があるんですが、オブジェクトの面を伸縮させるだけなら「境界引き伸ばし」のほうが使いやすいです。

なぜなら、操作が非常に簡単だからです。

「面を押し出し」はどういったときに使うのかというと、押し出した面にテーパー角度をつけたいときに便利です。

今回は単純にオブジェクトを伸縮させるだけなので、「面の押し出し」の使い方は割愛します。

「境界引き伸ばし」の使い方

境界引き伸ばしを起動するには、

  • リボンにあるアイコンをクリック
  • コマンドを直接入力する
  • Ctrlキーを押しながら操作する

この3つがあります。

それぞれ解説します。

リボンにあるアイコンをクリック

[境界引き伸ばし]のアイコン をクリックし、オブジェクトを伸縮させます。

1)モデリングにある[境界引き伸ばし]をクリック。

2)引き伸ばしたい面をクリックし、伸ばしたい距離を入力するか、任意の場所まで引き伸ばすかを自由に選択できます。

コマンドを直接入力する

コマンドラインウィンドウに「PR」と入力。

候補に出てきた「PRESSPULL」を選択して境界引き伸ばしを起動します。

Ctrlキーを押しながら操作する

このやり方は非常にカンタンなので、絶対に押さえておいてください。

1)[Ctrlキー]を押しながら引き伸ばしたい面をクリック。

2)面の中心に出てくる赤丸をクリック。

3)伸ばしたい方向にカーソルを移動、もしくはオフセット距離を入力してEnterを押します。

複数の面を引き伸ばしたい場合

「境界引き伸ばし」は、複数のオブジェクトの面を同時に引き伸ばすことができます。

同一平面上にあるオブジェクトの面なら、どんな形状でも可能です。

例えば、以下のような異なる形状の面を伸縮させることもできます。

「Ctrl+クリック」のほうが簡単なので、ここではそちらのやり方を紹介します。

1)[Ctrl]を押しながら、伸ばしたい面をクリック。

2)面の中心にある赤丸をクリックし、伸ばしたい方向にカーソルを移動させます。

距離を指定するには、数値を入力しEnterで確定します。

以上が3Dオブジェクトを伸縮させる簡単な方法でした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

変態的なまでに効率化を追求しているアラフォー。

「もっと楽な方法はないか?」
「簡単にできる仕組はつくれないか?」
を常に考えて生きています。

<得意なこと>
マニュアル作成 / AutoCAD 3Dモデル作成 / ブログの外注化

<好きな歌>
『僕が一番欲しかったもの』 槇原敬之
『全捨離』 4年2組

-AutoCAD
-