PR AutoCAD

【AutoCAD】レイアウト空間のビュー尺度のリストを追加する方法

ビュー尺度の追加

どうも、 効率化大好き カズ です。

今回は、レイアウト空間の「ビュー尺度」リストに尺度を追加する方法について解説します。

3Dモデルをレイアウト空間に投影したのはいいけど、標準のビュー尺度だと思っている大きさに変更できない……。

自分がほしいビュー尺度を追加する方法はないの?

という悩みを解決します。

結論から言うと、「SCALELISTEDIT」でビュー尺度の編集を行えます。

1:3 や 1:7 などはもちろん 1:2.5 や1:7.52 などの小数点にも対応しているので、思った通りの大きさでオブジェクトを表示することが可能です。

それでは、ビュー尺度の追加について解説していきます。

※この記事で解説するAutoCADの環境

使用するソフトAutoCAD 2023
ワークスペース3Dモデリング
使用空間レイアウト空間

レイアウト空間の「ビュー尺度」とは

AutoCADのレイアウト空間で使用する「ビュー尺度」とは、レイアウト空間に表示される図面の縮尺を設定するためのものです。

ビュー尺度を設定することで、図面を実際のサイズよりも大きく表示したり、小さく表示したりすることができます。

デフォルトのビュー尺度例

1:1 1:2 1:4 1:5 1:8 1:10 1:16 1:20 1:30 1:40 1:50 1:100 2:1 4:1 8:1 10:1 100:1

ビュー尺度は、AutoCADのレイアウト空間で図面を表示するための重要な機能です。ビュー尺度を正しく設定することで、図面をより見やすく、より正確に表示することができます。

ビュー尺度のリストに尺度を追加する手順

ビュー尺度リストに尺度を追加するのは「尺度リスト編集」で行います。

コマンドラインに「SCA」と入力すると、候補に「SCALELISTEDIT」が表示されるのでクリック。

図面尺度を編集が表示されるので[追加]をクリック。

尺度リストに表示される名前(例:1:3)と、作図単位(例:1:3 の右側の単位)を入力し[OK]をクリック。

すると、尺度リストに「1:3」が追加されました。

小数点を含む尺度リストを追加するには

小数点を含む尺度リストを追加する方法は簡単で、作図単位にそのまま小数点を含む数字を入力するだけです。

例えば「1:1.25」というビュー尺度を追加するには以下のように変更します。

  • 尺度リストに表示する名前→「1:1.25」
  • 作図単位→「1.25」

これで「1:1.25」のビュー尺度が追加されました。

実際にビュー尺度リストを開くと、「1:3」と「1:125」が追加されていることがわかります。

追加したビュー尺度が反映されているか確認する

尺度リストに追加したビュー尺度が正しく反映されるかどうかを確認してください。

  1. 尺度変更するオブジェクトを選択
  2. ]をクリックし、追加した尺度をクリック
  3. 正しく反映されているか確認します

確認後、ビュー尺度に追加が必要な場合は、「ビュー尺度のリストに尺度を追加する手順」を参考に追加してください。

ビュー尺度リストの順番を並び替える

追加したビュー尺度の並び順をきちんと揃えたい場合は、以下の手順で行います。

  1. 図面尺度を編集を開く(コマンドLINEに「SCALELISTEDIT」と入力)
  2. 並び替えたい尺度を選択し、[上へ移動]または[下へ移動]をクリックする
  3. 並び替えが完了したら[OK]をクリック。

これでビュー尺度の並び替えができました。

以上が、レイアウト空間のビュー尺度のリストを追加する方法でした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

変態的なまでに効率化を追求しているアラフォー。

「もっと楽な方法はないか?」
「簡単にできる仕組はつくれないか?」
を常に考えて生きています。

<得意なこと>
マニュアル作成 / AutoCAD 3Dモデル作成 / ブログの外注化

<好きな歌>
『僕が一番欲しかったもの』 槇原敬之
『全捨離』 4年2組

-AutoCAD
-,