PR 画像編集

【iPhone】PDFを画像に変換して写真アプリに保存する方法

iPhoneでPDFからJPEGに変換

どうも、 効率化大好き カズ です。

今回は、PDFを画像として写真アプリに保存する方法を紹介します。

ここで紹介する方法を使えば、iPhone端末に保存しているPDFはもちろん、ネット上のPDFも画像として保存できます。

方法は大きく2つ。

  • ショートカットを使う
  • 変換アプリを使う

おすすめなのは、ショートカットを使う方法です。

この記事では、ショートカットの導入~実際に画像に変換する手順までを詳しく解説していきます。

PDFを画像として保存する方法がは大きく2つあるが・・・

「PDFを画像として保存する方法」2つを簡単に説明すると、

  • ショートカットを使う
    →写真アプリに保存できる
  • 変換アプリをつかう
    →ファイルアプリに保存される

となります。

PDFデータを画像に変換するだけならどちらでもいいんですが、変換した画像を写真として使用する場合は、ショートカットを使う一択です。

なぜならショートカットを使うことで、画像に変換されたデータが写真アプリに保存されるからです。

例えば、PDFから変換した画像をLINEでまとめて送りたい! という場合、複数の写真を一括で送信できるのは写真アプリに入っている画像のみです。

画像がファイルアプリに保存されている場合は、画像ファイルとして一枚ずつしか送信できません。

画像に変換した後、その画像をどのように使うのか考えたときに有利なのは「ショートカットを使う」変換方法です。

ショートカットを利用してPDFをJPEG画像に変換する

ショートカットを利用してPDFをJPEG画像に変換するには、iPhoneに元々入っているショートカットアプリを使います。

使う必要がないと思って削除してしまっている方は、AppStoreから再インストールしてください。

ショートカット-AppStore

以下のボタンをタップすると、PDFをJPEG画像に変換できるショートカットがインストールできます。

↓ ↓ ↓

1.「PDFをJPEG画像に変換」が表示されるので、[ショートカットを入手]をクリック。

2.以下のページが表示されるので、[ショートカットを追加]をクリック。

3.すると、ショートカットとして「PDFをJPEG画像に変換」が追加されました。

これでショートカットの準備は完了です。

PDFをJPEG画像に変換し写真アプリに保存する手順

続いて、PDFをJPEG画像に変換→写真アプリに保存する手順を解説します。

1.JPEGに変換したいPDFファイルを開きます。

共有アイコン をクリックします。

Chromeなどのブラウザで表示している場合

画面右上にある共有アイコンをクリック。

LINEからPDFを開いた場合

画面左下にある共有アイコンをクリック。

2.共有メニューが開くので下へスクロールします。

3.「PDFをJPEG画像に変換」をクリック。

PDFをJPEG画像に変換が出てこない場合

「PDFをJPEG画像に変換」が出てこない場合は、いちどiPhoneを再起動してみてください。

それでも出てこない場合は、ソフトウェアのアップデートをすることで解消することがあるので試してみてください。

4.次にJPEGに変換した画像を保存する場所を選択します。

[画像を保存]を選択すると、写真アプリ に保存されます。

Googleフォトを使っている場合は、Googleフォトにも保存されます。

5.写真アプリを開き、画像が保存されているか確認してください。

以上が PDFを画像として保存する方法でした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

変態的なまでに効率化を追求しているアラフォー。

「もっと楽な方法はないか?」
「簡単にできる仕組はつくれないか?」
を常に考えて生きています。

<得意なこと>
マニュアル作成 / AutoCAD 3Dモデル作成 / ブログの外注化

<好きな歌>
『僕が一番欲しかったもの』 槇原敬之
『全捨離』 4年2組

-画像編集
-