画像編集

PhotoScapeXで画像に赤の枠線を挿入する方法

どうも、 効率化大好き カズ です。

今回は、PhotoScapeXで画像に赤の枠線を挿入する方法について解説していきます。

画面をキャプチャして、大事な箇所を赤の枠線で囲って説明することはよくあると思います。

ここでいう「赤の枠線」は、以下のような囲いのことです。

PhotoScapeXでは「挿入ツール」を使って簡単に赤の枠線を入れることができます。

さらには挿入した枠線の、

  • 枠線の厚さ(太さ)の変更
  • アウトライン(縁取り)

などの編集も可能です。

それでは詳しく手順を解説していきます。

チェック

PhotoScape Xをインストールしている前提で話を進めていきます。

インストールがまだの方は、以下の記事を参考にインストールを完了させてくださいね。

PhotoScapeXで赤の枠線を挿入する手順

PhotoScape Xを起動し編集画面にする

まずはPhotoScape Xを起動し編集画面にします。

画面中央にある「開く」または、マウスの右クリックから「開く」を選択し、編集したい画像を開いてください。

エクスプローラーから直接画像をドロップしてもOKです。

赤の枠線を挿入する

赤の枠線は「挿入」メニューから行います。

右上にある「挿入」①をクリックすると挿入メニューが開くので、その中にある枠線だけの図形②を選択。

カラーのベタ塗り①クリックし、カラーパレットの赤色②を選択します。

カラーパレットの赤色を選択

次に、赤の枠線をつけたい領域を選択します。

操作イメージ

これで「赤の枠線で囲む手順」はとりあえず完了です。

枠線を編集する

ここからは「枠線の編集方法」について解説していきます。

編集できるのは、

  • 枠線の厚さ(太さ)
  • アウトライン(縁取り)

などです。

アウトラインを入れるのは、背景色と同化するのを回避するためです。

枠線の厚さ(太さ)を変更する

枠線を選択したときに出るメニューに「厚さ」という項目があります。

ここを左右にスライドさせることで、枠線の太さが調節できます。

枠線の太さは、1~100まで変更可能。(※直接数字を入力することも可能です)

操作イメージ

枠線の太さは人それぞれ好みがあるので一概にこの太さがいいというのは言えません。

ただ、僕が使いやすいと思う太さは 3~10 で、特によく使うのは 5 です。

どの太さがいいか決められない…という場合は参考にしてください。

アウトライン(縁取り)の編集

アウトラインの編集は、アウトラインの有効・無効の他に、

  • アウトラインの色
  • アウトラインの厚さ

が変更できます。

アウトラインを有効にするには、枠線の図形メニューにある「アウトライン」にチェックを入れます。

チェックを入れると編集メニューが開きます。

色を変更する場合は、①をクリックすることでカラーパレットが出現するので、そこから色を選択してください。

アウトラインの厚さはつまみを左右に動かすことで、1~100まで調整できます。

アウトラインをつける目的は、背景色とのメリハリをつけることです。

なので、メリハリさえつけばOKというぐらいの厚みでいいと思いますよ。

ちなみに僕は、背景が濃い色で、赤の枠線がわかりにくい場合にのみアウトラインを使います。

以上が、PhotoScapeXで画像に赤の枠線を挿入する方法でした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

アフィリエイト歴 13年
変態的なまでに効率化を追求しているアラフォー。
もっと 楽 で 簡単 に「仕組化」できないか? を常に考えて生きています。

<得意なこと>
・ブログの外注化
・インストラクターのSEO集客

-画像編集
-