作業効率化 商品レビュー

折りたたみキーボードの頂点はどれ?人気3機種を比較(日本語配列&英語配列)

「折りたたみキーボードっていろんな種類があるけど、実際どれが1番いいの?」

商品がありすぎて迷ってしまいますよね。。。

いきなり結論から言います。

いろいろ比較検証した結果、僕が最強だと思ったのは

「MOBO Keyboard」

です!

そこで今回は、数ある折りたたみキーボードの中から「厳選」した人気3機種をいろんな角度から比較していきたいと思います。

前提としては、外出先で iPhoneやiPadの外付けキーボードとして使うことを想定しています。

今回比較した折りたたみキーボードを紹介

比較対象は以下の3つ。

  1. MOBO Keyboard
  2. 3E Bluetooth® Keyboard
  3. EWIN

それぞれの特徴を解説していきます。

MOBO Keyboard(日本語配列)

まずはサイズです。

キーボード幅(ボタンのみ)は272mm、奥行きは103mm。

ボタンは縦に5列で、一番上にはWindowsで使えるファクションキーも配置されています。

幅は272mm
奥行きは103mm

キーボードを閉じた状態で測ってみると、幅165mm、奥行き120mmでした。

幅は165mm
奥行きは120mm

キーボードはパンタグラフ式を採用しています。

打鍵感は軽いけどぜんぜん安っぽさがありません。10万円クラスのノートパソコンのキーボード並みに「高級感」を感じます。

しっかりした反発感があることと、タイピング音が静かなのも特徴です。

Goodポイント

  • エンターキーが大きい
  • BackSpaceとDeleteキーが独立している
  • 一番上にはファクションキーがある
  • 高級感がある

Badポイント

  • 全体的に大きい
  • 大きい分、重たい

3E Bluetooth® Keyboard(英語配列)

まずはサイズです。

キーボード幅(ボタンのみ)は 232mm 、奥行きは 92mm 。

幅は232mm
奥行きは92mm

キーボードを閉じた状態で測ってみると、幅145mm、奥行き92mmでした。

幅は145mm
奥行き92mm

キーボードはパンタグラフ式を採用しています。

打ち心地はというと、正直ボタンが小さい分窮屈で打ちにくく感じました…。

慣れれば大丈夫かもしれませんが、普段通常サイズのキーボードを使っているのならなかなか慣れないと思います(僕は無理でした)。

タイピング音は静かですが、MOBOに比べると少しカチャカチャと音がする感じがしました。

Goodポイント

  • 折りたたむと文庫本サイズになる
  • BackSpaceとDeleteが独立している

Badポイント

  • キーピッチが狭くボタン自体も小さいので打ちにくい
  • エンターキーが小さいのでタイピングミスしやすい

Ewin 折りたたみ式 bluetoothキーボード(英語配列)

まずはサイズです。

キーボード幅(ボタンのみ)は259mm、奥行きは99mmです。

幅は259mm
奥行きは 99mm

キーボードを閉じた状態で測ってみると、幅145mm、奥行き99mmでした。

幅は145mm
奥行きは99mm

キーボードはパンタグラフ式を採用しています。

打鍵感はほどよい反発感があり、静音性も高く打ち心地はいいと感じました。

ただ、真ん中の折りたたみ部分のキー(T・G・B・Y・H・N・スペースキー)の大きさがバラバラなので、タイピングしていてものすごく違和感を感じます。

通常サイズのキーボードになれている方は、これがかなりのストレスになるかもしれません。

参考記事

Goodポイント

  • とにかく軽くて薄い
  • タイピング音は静か

Badポイント

  • 折りたたみ部分のボタン幅が違うので打ちにくい
  • 折りたたみ部がプラスチックなので壊れやすそう

3つを開いた状態で並べるとこんな感じです。

閉じた状態でiPhone8と並べるとこんな感じです。

左から、EWIN・3E・MOBO

大きさの順は、(大) MOBO > 3E > EWIN (小)です。

厚みの違いはこんな感じです。

左から、EWIN・3E・MOBO

厚みの順は、(大)3E > MOBO > EWIN (小)です。

3機種のサイズをまとめた表はこちら

  開いたとき(キー) 閉じたとき  
キーボードの種類 横幅 奥行き 横幅 奥行き 重さ
(本体のみ)
MOBO Keyboard 272mm 103mm 165mm 120mm 286g
3E「NEO」 232mm 76mm 146mm 92mm 185g
Ewin 259mm 90mm 145mm 99mm 157g

どの折りたたみキーボードがおすすめか

タイピングしやすさでいうと、「MOBO Keyboard」が最強です。

何と言っても、ボタンの大きさやキーの配列が他と比べて抜群にいい!

文字を早くしかも快適に打つことを目的としているのであれば、「MOBO Keyboard」を選択すれば間違いなく満足できるはずです。

「いや、できるだけ軽いほうがいいんだよね…」

という方は、「EWIN」を選ぶといいと思います。

本体のみでたった157gしかないので、ほかの2つと比べると圧倒的に軽いです!

ただし、折りたたみ部分がプラスチックなので、壊れやすいことは覚悟しておかないといけません。

-Ewin
¥2,873 (2021/10/19 17:35時点 | Amazon調べ)

3つの違いはある程度わかったと思います。

ここからは、使いなれたノートPCやデスクトップ用のキーボードとも比較し、その違いを見ていきましょう!

13.3インチノートパソコンとの比較

比較したノートパソコンは、HP製の「HP ProBook 635 Aero G7」。

詳しいスペックは書きませんけど、サイズは13.3インチでいわゆる「モバイルノート」と呼ばれる部類です。

キーボートのサイズは、

  • 横幅:269mm
  • 奥行き:100mm

です(ボタンのみ)。

このPC、キーの配置や大きさが絶妙で、打ちごこちもかなりいいです。

そんなHPのノートパソコンと折りたたみキーボードを比較してみると、こんな感じです。

MOBO Keyboard

MOBO

サイズ

キーボードの種類 横幅 奥行き
HP ProBook 635 Aero G7 269mm 100mm
MOBO Keyboard 272mm 103mm

サイズは縦も横も「MOBO Keyboard」のほうが 約3mm 大きいです。

キーピッチやボタンの大きさなど総合的なバランスで言えば、「HP ProBook 635 Aero G7」のほうに軍配があがります。

なんせ全体的にバランスがいい(だから買ったんですがw)。

しかし、頻繁に押すエンターキーはMOBOのほうが大きいので、エンターキーをバシッと打つ人には快適だと思います(笑)。

3E Bluetooth® Keyboard

3E

サイズ

キーボードの種類 横幅 奥行き
HP ProBook 635 Aero G7 269mm 100mm
MOBO Keyboard 232mm 76mm

HP ProBook 635 Aero G7 と比べると、ボタン一つひとつが小さくてキーピッチも狭いので、よっぽど小さな手の人じゃないと打ちにくいと思います。

打ちやすさは何とか我慢できる、とにかく「小ささ命!」という方にはオススメです。

Ewin 折りたたみ式 bluetoothキーボード

EVAN

サイズ

キーボードの種類 横幅 奥行き
HP ProBook 635 Aero G7 269mm 100mm
Ewin 259mm 90mm

HP ProBook 635 Aero G7 と比べると、縦も横も10mmほど小さいだけなので、大きさ的には問題ないと思います。

エンターキーが小さいことと、BackSpaceとDeleteが独立していないことがマイナスポイントですね。

「打ちやすさよりも軽さ命!」という方であれば、このキーボードがオススメです。

ノートPCと折りたたみキーボードのサイズ一覧

  開いたとき 閉じたとき  
キーボードの種類 横幅 奥行き 横幅 奥行き 価格
HP ProBook 635 Aero G7 269mm 100mm     約90000円
MOBO Keyboard 272mm 103mm 165mm 120mm 約6500円
3E「NEO」 232mm 76mm 146mm 92mm 約5500円
Ewin 259mm 90mm 145mm 99mm 約3300円

Logicoolワイヤレスキーボード K780 と比較

比較したキーボードは、Logicool(ロジクール)のK780です。

Logicool(ロジクール)
¥5,945 (2021/09/20 00:17時点 | Amazon調べ)

エンターキーが大きく、その上にBackSpaceとDeleteが縦に並んでいる理想的なキー配置です。

HPのモバイルノートに比べると、横幅で約15mm、奥行で4mm広いので、余裕がある感じですね。

エンターキー側の端っこ(右側)を合わせて写真を撮りました。

MOBO Keyboard

MOBO Keyboard

サイズ(ボタンのみ)

キーボードの種類 横幅 奥行き
Logicool K780 283mm 104mm
MOBO Keyboard 272mm 103mm

3E Bluetooth® Keyboard

3E「NEO」

サイズ (ボタンのみ)

キーボードの種類 横幅 奥行き
Logicool K780 283mm 104mm
3E「NEO」 232mm 76mm

Ewin 折りたたみ式 bluetoothキーボード

Ewin

サイズ (ボタンのみ)

キーボードの種類 横幅 奥行き
Logicool K780 283mm 104mm
Ewin 259mm 90mm

Logicool K780はノートPCのキーボードに比べると、縦で14mm、横で4mm大きいので、男のぼくとしてはタイピングしやすいです。

たださすがに折りたたみキーボードでここまで大きいと、持ち運びに便利とはならないので、「MOBO Keyboard」の大きさが限界だと思いました。

  開いたとき 閉じたとき  
キーボードの種類 横幅 奥行き 横幅 奥行き 価格
Logicool K780 283mm 104mm     約6000円
HP ProBook 635 Aero G7 269mm 100mm     約90000円
MOBO Keyboard 272mm 103mm 165mm 120mm 約6500円
3E「NEO」 232mm 76mm 146mm 92mm 約5500円
Ewin 259mm 90mm 145mm 99mm 約3300円

まとめ

今回は、折りたたみキーボードの頂点はどれ?人気3機種を比較(日本語配列&英語配列)というテーマで書いてきました。

結論として、

タイピングのしやすさをベースに選ぶなら「MOBO Keyboard」が最強。

打ちやすさよりも軽さが大切や! というなら「Ewin」を選ぶといいと思います。

-Ewin
¥2,873 (2021/10/19 17:35時点 | Amazon調べ)

以上。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

管理人「KAZU」

人間のメカニズムを追求するのが大好きなアラフォー。

楽するためにしか努力できないタイプ。

いろんなツールを試すのが好き。そんな男です。

-作業効率化, 商品レビュー