ブログ画像・動画

画像に「ぼかし」や「モザイク」を入れる手順|フォトスケープ編

ブログやSNSで写真を掲載したいんだけど、他人の顔が写り込んでいる写真はそのまま使うわけにはいきませんよね。

そんな場合は、PhotoScape(以下 フォトスケープ)を使って「ぼかし」や「モザイク」を入れています。

なぜ「フォトスケープ」を使うのかというと、ただ単に簡単だからです。

「PhotoScape(フォトスケープ)」とは、簡単に補正、編集できる「おもしろい画像編集ソフト」です。

 

それでは「フォトスケープ」を使って、「ぼかし」と「モザイク」を入れる手順を書いていきます。

フォトスケープを使って画像にぼかしを入れる手順

step
1
フォトスケープの編集画面にする

フォトスケープを立ちあげて「画像編集」をクリックし編集画面にする。

 

step
2
編集する画像を表示させる

編集する画像をドラッグ&ドロップして表示させる。

 

step
3
効果ブラシモードにする

赤で囲んだ ①「ツール」をクリックし、②「効果ブラシ」→③「ぼかし-高」の順でクリックする。

 

step
4
ぼかしを入れる大きさを選択

ぼかしを入れる大きさが選択できるので、ぼかしを入れたい画像の大きさによって使い分けるほうがやりやすいです。

 

step
5
ぼかしを入れる

ぼかしを入れたい場所にカーソルを合わせてクリックすれば、ぼかしを入れることができます。

 

■目だけぼかしを入れるパターン

 

■顔全体にぼかしを入れるパターン

 

ぼかしを濃くする場合

クリックするたびにぼかしが濃くなるので、顔の表情をまったくわからなくさせるためには何回もクリックしてください。

 

フォトスケープを使って画像にモザイクを入れる手順

フォトスケープのモザイクは4種類あります。

  1. モザイク - 低
  2. モザイク - 中
  3. モザイク - 高
  4. ジッター

よく見かけるのが「モザイク - 低」のような細かいモザイクですね。

ここでは、「モザイク - 低」を使って手順を説明していきます。

 

step
1
モザイクモードにする

「ツール」→「モザイク」→「モザイク - 低」の順にクリックし、モザイクモードにする

 

step
2
モザイクを入れたい場所を選択する

モザイクを入れるには、クリックしたまま選択範囲を広げ、クリックを解除するとモザイクがかかります。

 

まとめ

「ぼかし」と「モザイク」どちらを使ったほうがいいのかというのは好みの問題なので、どっちがいいとは言えませんが、僕は主に「ぼかし」を使っています。

これは僕の勝手なイメージなんですが、「モザイク」はなんかヤラシイ感じがするんですよね~(笑)

とまぁ勝手に思っているだけなので、どちらでも使いやすいほうを使えばいいと思いますよ。

参考にしていただけると嬉しいです(*^^*)

-ブログ画像・動画

© 2020 俺の人生.com