PC関連

旧SSD→新SSDへ交換|フォーマット~クローン作成まで

この記事では、現在稼働中のSSDを、新しいSSDに取り替え起動確認するまでの手順を解説しています。

 

3rd master hard disk:s.m.a.r.t. ステータス不正、バックアップまたはデバイスを交換
press f1 to resume

ステータス不正

 

PCを起動させるとき、このメッセージが表示されるようになりました。

調べてみると、ハードディスク(もしくはSSD)に問題がある可能性があるとのこと。

そういえば最近やたら起動するのに時間がかかっているし、もしかして、OSを入れているSSDが故障しかかってる・・・?

 

急に壊れたらやばいので、思い切って新しいSSDに交換することにしました。

 

  • ケーブルの確保
  • SSDのフォーマット
  • クローン作成
  • 既存のSSDと交換

など、けっこうやることが多いので、備忘録として、今回やったすべての手順を記録しておきます。

 

新しいSSDにSATAと電源ケーブルを差す

元々取り付けてあるSSDはそのままの状態にし、新しいSSDを取り付けます。

新しいSSDに電源ケーブルやSATAケーブルを接続します。

マザーボードの空きのSATAポートにSSDからのSATAケーブルを接続します。

電源を入れ、SSDがBIOSで確認されているかどうかを確認します。

 

今回 購入したSSD

今回購入したSSDは、価格ドットコムの「プロダクトアワード2018、パソコンパーツ部門」で大賞を受賞しているSSD!

Crucial(クルーシャル)MX500 シリーズ SATA接続 SSD(500GB)です。

SSDの外箱

外箱

SSDの内容

内容

 

交換するSSDの位置を確認

PCケースのサイドパネルを外し、中段の3.5ステルスベイを確認(左写真)。

上段にHDD、下段にSSDが取り付けられていました(右写真)。

SSDの位置

SSDの正確な位置

 

仮にSATAと電源ケーブルを確保

クローンが完成するまでは、ブルーレイドライブにつけている「SATAケーブル」と「電源ケーブル」をSSDに付け替えて使用します。

※クローンが完成したら、元に戻します。

ブルーレイドライブの位置

ケーブルがささっている状態。

ブルーレイドライブのSATAゲーブル差し込み位置

ケーブルを抜きました。

 

新しいSSDにケーブルを差す

ブルーレイドライブから外したケーブルを、新しいSSDに差します。

新しいSSDが使えるように「フォーマット」するための準備はこれで完了!

新しいSSDに差し込む

 

新しいSSDをフォーマットする

新しいSSDを「フォーマット」→「クローン作製」完了までは、この状態でOK。

クローン作成中

 

SSDが認識されているか確認する

新しいSSDを取り付けても、新しいドライブとして認識されてなかったらフォーマットできないので、まずは確認のために「デバイスマネージャー」を開きます。

 

左下の「Windowsアイコン」を右クリックし、「デバイスマネージャー」を開きます。

※右クリックなのでお間違いなく。

 

「デバイスマネージャー」の中の「ディスクドライブ」を開き、新しいSSDが認識されているかを確認します。

ディスクドライブを開く

 

ディスクドライブの中に、今回購入した「CT500MX500SSD1 ATA Device」と、前回使用していたSSD(同じ種類)が確認できました。

※ここでもし認識できていなかったら、一度PCを再起動することで認識されるはずです。

 

SSDをフォーマットする

新しいSSDが認識されていれば、次はフォーマットです。

左下の「Windowsアイコン」を右クリックし、「ディスク管理」を開きます。

 

ディスク管理を開くと、「ディスクの初期化」が表示されます。

パーティション方式を選ぶよう求められるので、「MBR(マスターブートレコード)」え選び、「OK」をクリックすればフォーマットが完了します。

 

※パーティションスタイル「MBR」と「GPT」は、簡単にいうと以下のような違いがあります。

「MBR」→ 容量が2TB(232×512バイト)までしか認識できない

「GPT」→ 2TBを超える大容量ハードディスクを正常に認識できる

 

今回使用するのは、500GBのSSDなので「MBR」で容量は十分。

※データ保存用に、2TB以上のHDDかSSDを使用する場合は、「GPT」を選択したほうがよさそうです。

 

ディスクのクローンを作成

 

クローン作成ソフトをインストールする

今回は、SSDのメーカーである「Crucial」の公式ソフトを使用してクローンを作成します。

まずはクローンをつくるためにソフト「Acronis True Image for Crucial」を公式サイトからダウンロード。

 

公式ダウンロードサイトへ

 

「ダウンロード」をクリックすると、保存先を求められるので、PC内の任意のフォルダに保存します。

 

2)任意の場所へ保存

1)ダウンロードをクリック

 

保存した「AcronisTrueImageMicron_21500」をクリックすると、インストーラーが開きます。

インストールをクリックするとインストールがはじまります。

インストールが完了したら、次の工程へ進みましょう。

 

 

ソフトを使ってディスクをクローンする

「アプリケーションを開始」をクリック。

 

使用許諾契約を読み、「同意する」にチェックを入れて「OK」をクリック。

 

ソフトが立ち上がりました。

 

左メニューの「ツール」をクリックし、「ディスクのクローン作成」をクリック。

 

「自動(推奨)」を選択し、「次へ」をクリック。

 

「ソースディスク」を選択し、「次へ」をクリック。

「ソースディスク」とは、現在使用しているSSDのことです。

チェック

使用領域があるほうが、現在使用しているSSDです。

現在使用しているSSD

新しいSSD(未使用)

 

ターゲットディスク(新しいSSD)を選択し、「次へ」をクリック。

 

「ソースディスク」と「ターゲットディスク」を確認し、「実行」をクリック。

 

クローン作成の進行状況が表示されます。

 

クローン作成が完了したら、あとは旧SSD⇔新SSDの取り換え作業のみです。

 

旧SSD⇔新SSDを取り換え

SSDが付いていたアダプターホルダーを付け替えます。

 

新しいSSDにSATAケーブルと電源ケーブルを差し、中段の3.5ステルスベイへカチッと入れる。

新しいSSDをセットする

 

3.5ステルスベイをPCケースに戻して完了!

 

電源ONで衝撃の事実が・・・

今回、SSDを取り換えることになったのは、PCを立ち上げる時に「ステータス不正」が表示されていたからです。

SSDが故障する前に新しいSSDに取り替えよう!ということで無事クローン作成も完了しました。

 

いざ、電源ON・・・

 

 

・・・なんでやねん!

 

ということで、「ステータス不正」の原因はSSDじゃなかったということが判明しました。

ちなみに、ためしに古いほうのSSDを違うPCに取り付けてみたんですが、普通になんのエラー表示も出ずに起動しました。

 

じゃあ何が原因やねん!!!

 

PC自体が約10年前のやつやし、もしかしたらマザーボートがあかんのかもしれへんなぁ・・・。

とりあえず「F1」を押せば起動するので、このまま様子を見ます。

-PC関連

© 2020 俺の人生.com