PR AutoCAD

[AutoCAD]3DモデルにUCSを配置する方法|コマンドの種類と特性を解説

どうも、 効率化大好き カズ です。

UCSを再配置するのがむずかしい……

コマンドの種類もいろいろあって、どれを使えばいいのかわからん……

という方のために今回は、UCSの種類と再配置について詳しく解説していきます。

※以下の環境で手順を解説していきます。

使用ソフトAutoCAD 2023
ワークスペース3Dモデリング

UCSを配置するためのコマンドの種類

AutoCADの座標には「ワールド座標系」と「ユーザー座標系」の2つがあります。

ワールド座標系(WCS)とは、モデル空間の原点を示す座標のことで、位置を変えることはできません。

ユーザー座標系(以下「UCS」)は、ユーザーが自由に位置を変えることができます。

UCS は「User Coordinate System」の略で、XY 作業平面、水平方向、垂直方向、回転軸、その他の有用なジオメトリ基準を確立する、移動可能なデカルト座標系のことです。

UCSを再配置することで、3Dモデルに寸法線を記入したり、線やポリラインなどを思い通りに描けるようになります。

※3Dモデルに寸法を記入する方法は以下の記事を参考にしてください。

3Dオブジェクトの作成にはこの「UCSの再配置」が必要不可欠です。

AutoCADで使える「UCSを再配置するためのコマンド」は以下の6種類。

  1. [UCS 管理]
  2. [原点]
  3. [Z軸ベクトル]
  4. [3点]
  5. [オブジェクト]
  6. [面]

それぞれ使い方や特性が異なります。

UCSアイコンがどのような動きをするのか、アニメーションを使って解説していきます。

UCS 管理

[UCS 管理]は、「UCSの原点」+「X軸方向の点」+「Y軸方向の平面上にある点」を指定することで、UCSを再配置できるコマンドです。

「UCS」と直接コマンド入力することで起動するのがこの[UCS 管理]です。

[UCS 管理]のアイコンは以下の場所にあります。

UCSを配置する手順は3ステップ。

  1. UCS原点を指定
  2. X軸上の点を指定
  3. XY平面上の点を指定

UCS配置イメージ

原点

[原点]は、UCSの向きを変えず「原点だけを移動したい」ときに便利なコマンドです。

[原点]のアイコンは以下の場所にあります。

UCSを配置する手順は1ステップ。

  1. 新しい原点を指定する

UCS配置 イメージ

Z軸ベクトル

[Z軸ベクトル]は、Z軸を指定するだけで座標の向きが指定できるコマンドです。

[Z軸ベクトル]コマンドは以下の場所にあります。

UCSを配置する手順は2ステップ。

  1. 原点を指定
  2. Z軸上での正の点を指定

UCS配置イメージ

UCSを移動させる前のXY軸に角度がついている場合は、その角度がそのまま反映されます。

3点

[3点]は、「UCSの原点」+「X軸上の点」+「Y軸方向の平面上にある点」を指定することで、UCSを再配置できるコマンドです。

[3点]コマンドは以下の場所にあります。

UCSを配置する手順は3ステップ。

  1. 新しい原点を指定
  2. X軸上での正の点を指定
  3. XY平面上のY座標上での正の点を指定

UCS配置イメージ

操作は基本的に[UCS 管理]と同じです。X軸とY軸を指定する必要がある場合は、どちらを使ってもいいと思います。

オブジェクト

[オブジェクト]は、オブジェクトの面に沿って自動でUCSの向きが変わるコマンドです。

[オブジェクト]コマンドは以下の場所にあります。

UCSを配置する手順は1ステップ。

  1. UCSを位置合わせするオブジェクトを選択する

UCS配置イメージ

オブジェクトの面に自動で合わせてくれるので、面を指定する際に非常に楽です。

[面]は、オブジェクトの面に自動で合わせてくれて、そこからオプションが指定できるコマンドです。

[面]コマンドは以下の場所にあります。

UCSを配置する手順は2ステップ

  1. ソリッド・サーフェス・メッシュの面を選択
  2. 受け入れ

UCS配置イメージ

オプションの説明

  • 受け入れ
    :[受け入れ]で指定した位置に配置されます。

  • :UCSアイコンを配置した位置の背面にある面に切り替えられます。
  • X 反転
    :X軸を基準に、Y軸とZ軸を反転します。
  • Y 反転
    :Y軸を基準に、X軸とZ軸を反転します。

[次]は意外と便利!

例えば、[ワイヤフレーム]や[X 線]のような「奥が透けて見える表示スタイル」にしているとします。

奥の面にUCSを配置したいんだけど、オブジェクトを回転するのはめんどくさい……という場合でも、オブジェクトを回転させずに奥の面にUCSを配置することが可能です。

[次]を押すことで、UCSを配置した位置の「手前の面」と「奥の面」を切り替えることができます。

手前の面
奥の面

マウス操作でUCSの位置と向きを変える

UCSは「マウス操作」でも位置を変更できます。

やり方は簡単です。

UCSアイコンをクリックすると、以下の画像のように「原点」「X軸の先端」「Y軸の先端」「Z軸の先端」がそれぞれ選択できる状態になります。

原点をクリックすれば、UCSを「移動」できます。

移動先が面の場合は、自動でXY軸を合わせてくれます。

端点や中点などに合わせたい場合は、原点を移動してから、XYZ軸をそれぞれ個別に選択し、向きを変更できます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

変態的なまでに効率化を追求しているアラフォー。

「もっと楽な方法はないか?」
「簡単にできる仕組はつくれないか?」
を常に考えて生きています。

<得意なこと>
マニュアル作成 / AutoCAD 3Dモデル作成 / ブログの外注化

<好きな歌>
『僕が一番欲しかったもの』 槇原敬之
『全捨離』 4年2組

-AutoCAD