広告 AutoCAD

[AutoCAD]3Dモデルの狙った場所に寸法を記入する方法

どうも、 効率化大好き カズ です。

「3Dのモデル空間で寸法線を記入したら、とんでもないところに表示されてしまった……」

という問題を解決します。

狙った位置に寸法を記入するには、UCSを適切な面に配置することが重要です。

そこで今回は、直方体と円柱を例に、3Dモデルに寸法を記入する方法について解説していきます。

※以下の環境で手順を解説していきます。

使用ソフトAutoCAD 2023
ワークスペース3Dモデリング

3Dモデルに寸法を記入するには「UCS」の再配置が必要

3Dモデルに思い通り寸法線を記入するには「UCS」を再配置する必要があります。

UCS は、XY 作業平面、水平方向、垂直方向、回転軸、その他の有用なジオメトリ基準を確立する、移動可能なデカルト座標系です。

UCS[UCS 管理]|Autodesk より

「UCS」を簡単に言うと「座標の基準点」です。

UCS を適切な場所に配置できていなければ、まったく関係のない場所に寸法が記入されてしまいます。

なぜなら寸法線は「XY軸の平面上」に記入されるからです。

※UCS(ユーザー座標系)については以下の記事で詳しく解説しています。

ちなみに「作図グリッド」はONにしておくことをおすすめします。

「作図グリッド」を表示させておくことで、XY軸がどこなのかがわかりやすいからです。

作図グリッドON
作図グリッドOFF

キーボードの[F7]、もしくはアプリケーションステータスバーの[]をクリックすると、作図グリッドの ON・OFF が切り替えられます。

[作図グリッド]を表示すると、以下のように XY軸上の平面にグリッドが表示されているはずです。

グリッドのイメージ

これを「寸法線を記入したい面」に配置すれば、思った位置に寸法が記入できるようになります。

UCSを再配置して寸法を記入する

それでは「直方体」と「円柱」を例に寸法を記入していきます。

オブジェクトの形によって使用するUCSコマンドは異なるので、その説明も含めて解説していきます。

直方体の場合

直方体の面へのUCS再配置は[オブジェクト()]が一番簡単です。

UCS座標がオブジェクトの面に這うように動き、ワンクリックだけでUCSの再配置が完了するからです。

場所は、の[▼]をクリック>ドロップダウンメニューの中にあります。

底面の は XY軸の平面上なので、そのまま寸法記入すればOKです。

次に は、A 面にUCSを再配置する必要があります。

UCS[オブジェクト()]を起動し、Aの面をクリック。

するとUCS座標が面に対してきれいに配置されます。

寸法記入を起動し、エッジ または 端点を2箇所選択して、寸法を任意の位置まで伸ばします。

も同じ手順で寸法を記入してください。

円柱の場合

円柱に対してUCS配置するには、

[UCS管理()][Z軸ベクトル()][3点()]

この3つが有効です。

その中でも一番簡単なのは[Z軸ベクトル()]です。

なぜなら、他の2つはX軸とY軸を指定するのに対してZ軸ベクトルは「Z軸」を指定すればいいだけだからです。

「直交モード」を有効にすることでさらにUCS配置しやすくなります。

UCSを配置する

1)まずは、アプリケーションステータスバーにある[直交モード]をONにします。

直交モード ON/OFF は、キーボードの[F8]でも切り替え可能。

2)リボンの「UCS」>[Z軸ベクトル()]を選択。

3)円柱の頂点をクリックし、Z軸方向を指定します。

Z軸を手前方向にもってくることで、円柱の中心を軸にXY軸が再配置されます。

4)[長さ寸法()]を起動し、円柱の頂点と底面の四半円点をクリック。

あとはX軸方向に寸法線を伸ばせば完了です。

円柱の頂点や底面の四半円点が表示されない場合

オブジェクトスナップがOFFになっていないか確認してください。

または一時オブジェクトスナップ(shift+右クリック)を起動し、[端点]または[四半円点]を選択してください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

変態的なまでに効率化を追求しているアラフォー。

「もっと楽な方法はないか?」
「簡単にできる仕組はつくれないか?」
を常に考えて生きています。

<得意なこと>
マニュアル作成 / AutoCAD 3Dモデル作成 / ブログの外注化

<好きな歌>
『僕が一番欲しかったもの』 槇原敬之
『全捨離』 4年2組

-AutoCAD