PR AutoCAD

オリジナルのツールバーメニューを作成する方法[AutoCAD]

どうも、 効率化大好き カズ です。

今回は、オリジナルのツールバーメニューの作成について解説します。

「ツールバーってコマンドを自由に変更できないから、どうも使い勝手が悪いんだよな~」

正直、ちょっと前までそう思っていました。

結論から言うと、

ツールバーは、自由にコマンドの追加&削除ができるし、区切り線も追加できる、超便利な機能です。

クイックアクセスツールバーも便利なんですが、断然ツールバーのほうが便利です。

そこで今回は、オリジナルのツールバーメニューを作成する手順を、詳しく解説したいと思います。

※解説に使用するAutoCADの環境は以下のとおりです。

使用ソフトAutoCAD 2023
ワークスペース3D モデリング

「ツールバー」と「クイックアクセスツールバー」との違い

まずはじめに、ツールバーとクイックアクセスツールバーの違いについて簡単に説明しておきます。

イメージとしては、

  • クイックアクセスツールバー
    • 自分好みにカスタマイズできる
    • 配置場所はリボンの上と下のみ
  • ツールバー
    • 機能ごとにまとめられたツールボックスのようなもの
    • コマンドの種類をカスタマイズできない
    • 配置場所は自由自在

このように思われている方が多いと思います。

実際わたしもそう思っていました。

クイックアクセスツールバーは先に書いた通りなんですが、ツールバーの「コマンドの種類を自由にカスタマイズできない」というところは間違いです。

ツールバーは、

コマンド自由に追加できるし、必要なければ削除もできます。

頻繁に使うコマンドをすぐ手の届く位置に配置し、作業効率をアップさせてください。

オリジナルのツールバーメニューを作成する手順

オリジナルのツールバーメニューを作る流れは以下の通りです。

  • 新しいツールバーの箱を作る
  • ツールバー名を変更する
  • ツールバーにコマンドを配置する
  • 区切り線を入れる
  • 区切り線を削除する

新しいツールバーの箱を作る

1)クイックアクセスツールバーの「をクリックし、[その他コマンド]を選択。

すると「ユーザ インターフェイスをカスタマイズ」のウィンドウが開きます。

2)「すべてのファイル内のカスタマイズ」の右端にある矢印「」をクリックすると、すべてのカスタマイズファイルが表示されます。

3)[ツールバー]左の「」をクリックし、ツールバーのファイルを展開します。

※すべてのカスタマイズファイルの枠をクリックしたまま下へ引っぱると、枠が広がります。

4)ツールバーのファイル上で右クリックし、[新規ツールバー]をクリック。

すると、ツールバー内の一番下に[ツールバー1]という新規ファイルが作成されます。

これが新しいツールバーの箱になります。

今の段階で作成したツールバー1を表示すると、以下のように空のツールバーが表示されます。

ツールバーの名前を変更する

「ツールバー1」のままでもいいんですが、やはりもっとわかりやすい名前をつけたいですよね。

そこで、ツールバー名の変更手順を解説します。

1)先ほど作成した「ツールバー1」を右クリックし[名前変更]を選択。

すると、ツールバーの名前が変更できます。

ツールバーにコマンドを配置する

ツールバーにコマンドを追加する方法は2つあります。

  1. ツールバーに直接コマンドをもっていく
  2. 「ファイル内をカスタマイズ」の中でコマンドを追加する

簡単なのは(1)ですが、区切り線を入れるなら(2)でやる必要があります。

それぞれ詳しく解説していきます。

ツールバーに直接コマンドをもっていく

1)先ほど作成したツールバーの箱を表示させた状態で「ユーザ インターフェイスをカスタマイズ」を開きます。

2)ツールバーに追加したいコマンドを表示させます。

でコマンド名を入力して検索する、または、すべてのコマンドの右にある「をクリックし、コマンドの種類を指定して表示させます。

3)追加したいコマンドをツールバーにドラッグ・アンド・ドロップします。

「ファイル内をカスタマイズ」の中でコマンドを追加する

1)「すべてのファイル内のカスタマイズ」の「」をクリックし、カスタマイズファイル一覧を開きます。

2)新しく作成したツールバーファイルの中に、追加したいコマンドをドラッグ・アンド・ドロップします。

3)追加し終わったら[適用]をクリック。

すると、ツールバーにコマンドが追加されています。

ツールバーに区切り線を追加する

ツールバーの中に区切り線を追加して、コマンドの種類をわかりやすくすることもできます。

例えば、移動コマンドと鏡像のコマンドの間に区切り線を入れるとか、寸法コマンドと計測コマンドの間に区切り線を入れてやると、役割の判別が付きやすくなります。

<手順>

例として、[3D 配列複写]と[3D 距離調整]の間に区切り線を挿入したいと思います。

1)区切り線を入れたい場所の上のコマンドを選択します。

右クリックし[区切り線を挿入]をクリック。

2)「--」が追加されるので、[適用]をクリック。

すると、ツールバーの[3D 配列複写]と[3D 距離調整]のアイコンの間に「区切り線」が入っているはずです。

この要領で区切り線を入れたい場所に追加していってください。

区切り線を消すには

区切り線を消すには、カスタムズファイル内に追加した区切り線の上で右クリック。

[除去]を選択し[適用]をクリック。

すると、区切り線が削除されます。

以上が、オリジナルのツールバーメニューを作成する方法でした。

よく使うコマンドをツールバーにまとめることで、作業効率は間違いなく上がります。

以下の記事もツールバーに関する記事なので、ツールバーを使いこなすためには目を通しておいてくださいね。

参考記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

変態的なまでに効率化を追求しているアラフォー。

「もっと楽な方法はないか?」
「簡単にできる仕組はつくれないか?」
を常に考えて生きています。

<得意なこと>
マニュアル作成 / AutoCAD 3Dモデル作成 / ブログの外注化

<好きな歌>
『僕が一番欲しかったもの』 槇原敬之
『全捨離』 4年2組

-AutoCAD