PR AutoCAD

[AutoCAD]3Dで角パイプを作る方法

どうも、 効率化大好き カズ です。

今回は、AutoCADで「3Dの角パイプ」を作る方法を紹介します。

[直方体][シェル][エッジフィレット]を使って、以下のような角パイプを作成できます。

※以下の環境で手順を解説していきます。

使用するソフトAutoCAD 2023
ワークスペース3Dモデリング
作成する材料角パイプ(角鋼管)

3Dの角パイプの作成する

今回は「50x50」の角パイプを長さ「200mm」で作成します。

辺の長さ
AxB(mm)
厚さ
t(mm)
外側のR
(mm)
内側のR
(mm)
50x503.26.43.2

角パイプの規格サイズは「東洋特殊鋼業株式会社」さんのHPを参考にさせていただきました。

参考角鋼管/正方形・寸法・質量・断面性能(参考値)

直方体を作成する

まずは角パイプのベースとなる直方体を作成します。

1)[直方体]コマンドを起動。

2)起点を選択し、「@」+「X方向=50」+「Y方向=50」と入力。

3)高さを200と入力しEnterを押す。

これで元となる直方体ができました。

直方体の中身をくり抜く

次に直方体の中身を「シェル」を使ってくり抜きます。

1)[分離]コマンドの右にある[▼]をクリックし[シェル]を起動する。

2)「3Dソリッドを選択」と出るので、先ほど作成した直方体をクリック。

3)くり抜く面を選択します。

上の面と底の面の両方をクリックしEnterを押す。

4)くり抜いたあとのオフセットを入力します。

角パイプの厚み(3.2)を入力し[Enter]を押す。

外側にオフセットしたい場合は「-3,2」と入力すればOKです。

5)あとはそのまま[Enter]>[Enter]で確定します。

角を丸くする

次にフィレットエッジを使って角にRをかけていきます。

1)リボンから選択する場合は、[ソリッド]タブを開き[フィレットエッジ]コマンドを起動する。

直接コマンドを入力する場合は「FILLETEDGE」と入力する。

2)フィレットをかけるエッジを選択し[Enter]を押す。

3)[半径]をクリック。

4)外側の R の数値(6.4)を入力し[Enter]を押す。

5)さらに[Enter]を押してフィレットを確定する。

6)同じ要領で内側にも R をかけていきます。

  • [フィレットエッジ]コマンドを起動
     
  • 内側の角を選択し[Enter]を押す
     
  • [半径]をクリック
     
  • 内側のR(3.2)を入力し[Enter]をクリック
     
  • 最後に[Enter]でフィレットを確定する
     
  • 角パイプの完成!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

変態的なまでに効率化を追求しているアラフォー。

「もっと楽な方法はないか?」
「簡単にできる仕組はつくれないか?」
を常に考えて生きています。

<得意なこと>
マニュアル作成 / AutoCAD 3Dモデル作成 / ブログの外注化

<好きな歌>
『僕が一番欲しかったもの』 槇原敬之
『全捨離』 4年2組

-AutoCAD
-