ワードプレス 作業効率化

WordPressで「かな入力」のまま使いたいブロックを呼び出す方法

この記事は、WordPressのブロックエディタで執筆中に、

  • 「キーボードの操作」だけでブロックを挿入したい
  • ブロックメニューから選ばずピンポイントで必要なブロックを呼び出したい

という方に向けて書いています。

どうも、 効率化大好き カズ です。

今回は、WordPressでかな入力のまま使いたいブロックを呼び出す方法について書きたいと思います。

キーボード操作のみでブロックを呼び出すには、半角スラッシュ+ブロック名を入力しなければいけません。

文章を打っているときは基本「かな入力」ですよね。

それをわざわざローマ字入力に切り替えるのはめんどくさい…(汗)

「F10」を押せばローマ字に変換できるんですが、それもめんどくさい。。。

・・・じゃあどうするのか。

「単語登録」を使えば「かな入力」のままブロックを簡単に呼び出せます。

そこで今回は、ワードプレスでブロックを呼び出すための「単語登録」について詳しく解説したいと思います。

単語登録とは

単語登録を知らない人もいると思うので、まずは簡単に説明したいと思います。

知ってるよって人は読み飛ばしてください。

Windows10 には「Microsoft IME」という文字を変換してくれるツールがあるんですが、変換だけじゃなく単語の登録も行うことができます。

Microsoft IME」は簡単に言うと、日本語の入力/変換を助けてくれるプログラムのことです。

タスクバーの右下にある「A」または「あ」と表示されているこれ↓ がそう !

登録した単語は、文字を入力したときの「変換候補」として反映されます。

また、ユーザー辞書ツールで、登録した単語の一覧を確認することができます。

これを使うメリットとしては、

  • かな入力のままブロックを呼び出せる
  • 簡単で覚えやすいキーを割り当てられる

ということがあります。

逆にデメリットとしては、「登録した単語が多すぎると覚えられない」ということが考えられます。

これは「よみ」をどれだけ簡単に、しかも覚えやすい文字にするかがポイントになるので、そこは単語登録例を参考にしてもらえればいいと思います。

ブロックを呼び出す単語登録例

ここでは実際に僕がやっている単語登録の例をいくつか紹介したいと思います。

これを参考に、自分なりの覚えやすい「単語」と「よみ」の組み合わせをつくってください。

単語 よみ
/カラム ・c
/スペーサー ・s
/画像 ・g
/ふきだし ・h
/ボックス ・b
/引用 ・い

ポイントは、「・」と「ブロック名の頭文字」を組み合わせることです。

「・」はキーボードでいうところの「/」と同じキーやから覚えやすい!

ブロック名は、日本語をローマ字にした頭文字でもいいし、英語のスペルの頭文字でもOK。

たとえば、カラムなら column の「c」。画像なら gazou の「g」といった具合です。

どちらにしても、覚えやすければなんでもOK!

ちなみに僕は・・・どちらも取り入れています。

見出しは「マークダウン」を登録する

見出しは通常の見出しブロックを呼び出すより、「マークダウン記法」を使って「見出しの大きさ別」に呼び出したほうが効率がいいです。

なぜなら、H2だけじゃなく、H3やH4なども簡単に呼び出せるからです。

「マークダウン」とは簡単に言うと、記号を入力するだけで文章を装飾できるフォーマットのことです。

WordPressのブロックエディタで使えるマークダウンは「見出し」と「リスト」です。

「記号+半角スペース」を入力すれば簡単に呼び出せます。

マークダウン一覧

  • 見出し2 ⇒「## 」
  • 見出し3 ⇒「### 」
  • 見出し4 ⇒「#### 」
  • 箇条書きリスト ⇒「- 」
  • 数字リスト ⇒「1. 」

記号、スペースともに必ず「半角」で入力してください。

入力例

【単語】として登録するのは「##~####」で、【よみ】には「h2~h4」を登録しておけばわかりやすいです。

単語 よみ
##  h2
###  h3
####  h4

単語登録の手順

それでは単語登録の手順を解説していきます。

1.まずタスクバーにあるIMEのアイコン(「あ」または「A」)を右クリックします。

IMEのアイコン

2.メニューの中にある「単語の追加」もしくは「単語の登録」をクリックすると、単語の登録ウインドウが開きます。

現在PCに入っている IME のバージョンによって表示されるメニューが異なりますが、単語の登録画面は同じです。

新バージョン
旧バージョン

単語の登録画面

3.候補として表示させる「単語」と「よみ」を入力します。

:ここにブロックを呼び出すコードを入力(例:「/スペーサー」)、

:「よみ」として押すキーを入力、

:「登録」をクリックすれば単語が登録され、の欄が空白になります。

この要領で、登録したい「単語」と「よみ」をどんどん登録していきましょう。

登録した単語を「修正」「削除」するには

登録したのはいいけど、「よみ」がしっくりこない…とか、使いにくい…ということがあると思います。

そこで、登録した単語を修正する手順も紹介したいと思います。

ユーザー辞書ツールを開く

まずは、登録した単語を一覧で見れる「ユーザー辞書ツール」を開きます。

【新バージョンのIMEの場合】

「単語の登録」画面の左下にある「ユーザー辞書ツール」をクリックすると開きます。

【旧バージョンの場合】

IMEのアイコンを右クリックし、表示されたメニューの中にある「ユーザー辞書ツール」をクリックすると表示されます。

登録した単語を修正する

1. 修正したい単語を選択し、「編集」⇒ 「変更」順にクリックします。

修正したい単語をダブルクリックでもOK!

2.単語の変更ウインドウが表示されるので、「単語」もしくは「よみ」を修正し、「登録」をクリックすれば修正完了です。

例として、単語を「/見出し」⇒「/プルクオート」。よみを「・m」⇒「・p」に変更しました。

登録した単語を削除する

削除したい単語を選択し、「編集」⇒ 「削除」をクリックで、登録した単語が削除されます。

まとめ

今回は、WordPress「かな入力」のまま使いたいブロックを呼び出す方法について書きました。

単語登録を使えば、かな入力のままブロックを挿入できるので、作業の効率化にもつながります。

使ったことがない方は一度使ってみてください。

めっちゃ楽になりますから(*^-^*)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

管理人「KAZU」

変態的なまでに効率化を追求するのが好きな3人子持ちパパ。

チート並みの効率化を目指す!

それはずるい! と言われるような「楽に」「早く」仕事をこなす方法を公開

-ワードプレス, 作業効率化