作業効率化

【厳選】PC操作が楽になるショートカットキー一覧~Windows編

PC操作が楽になるショートカットキー一覧

どうも、 効率化大好き カズ です。

今回は、パソコン操作が楽になるショートカットキーを厳選してご紹介します。

とりあえずこれだけ覚えておけば「仕事ができる人」だと思われます。

なぜなら、まるで魔法を使っているように作業が進むからです!

ショートカットキーを使うということはそういうことです。

使わないショートカットキーをたくさん紹介しても意味ないと思ってるので、

  1. 基本中の基本のショートカットキー
  2. Windowsの一般的な操作
  3. エクスプローラーでの操作
  4. ブラウザ操作

この4つに絞り、その中でも特におすすめなショートカットキーを紹介しますね。

まずは基本中の基本のショートカットキー

まずは「ショートカットキーをあまり知らない人向け」に、基本的なものを紹介します。

一番よく使うショートカットキー

コピー  Ctrl
貼り付け  Ctrl

これはど一番に覚えておくべきショートカットキーです。

いまだに右クリックメニューからコピペしている方は、今すぐに覚えて使えるようにしましょう!

これもよく使う!

全選択  Ctrl
切り取り  Ctrl

すべてを選択する(Ctrl+A)と、切り取り(Ctrl+X)もよく使います。

右クリックメニューから起動するよりもショートカットキーのほうが早いです。

ツールでよく使う!

元に戻す  Ctrl
やり直し  Ctrl

特に、Excel や PowerPoint などの Office系ソフトや、画像・動画編集系ソフトなどを使ったときによく使います。

これさえ覚えておけば、いちいち「元に戻す・やり直しアイコン」までカーソルを移動させる手間が省けるので、楽です。

元に戻す・やり直しアイコン

さらに便利な機能

あまり使っている人を見ないんですが、これを覚えておくと便利です。

クリップボードを開く  Windows

クリップボードを開くことで、過去にコピーまたはカットしたデータを選択して貼り付けることができます。

頻繁に使う項目をピン留めすることもできます。

Windows操作

デスクトップを一発で表示する

デスクトップを表示する  Windows

ウィンドウの右上にある「ー」をポチポチ押してウインドウを最小化していませんか?

[Windows+D]を押せば、開いているすべてのウィンドウを一瞬で最小化し、デスクトップを表示させることができます。

アプリを瞬時に切り替える

アプリを切り替える  Alt Tab 

できる人はほぼ間違いなく使っているショートカットキーです。

[Alt]を押しながら[Tab]をクリックするごとに、開いているウインドウを選択することができます。

ポンポン切り替えることができるので、2画面表示すると狭くて見にくいなぁ……と思いながら作業している人は試してみてください。

アプリを一瞬で閉じる

アプリを閉じる(シャットダウン)  Alt F4 

ウインドウ右上にある「✖」をポチポチ押さなくても一瞬でアプリを閉じることができます。

ちなみに、アプリをすべて閉じた状態のデスクトップで[Alt+F4]を押すと、Windowsをシャットダウンできます。

パソコンを瞬時にロック画面にする

ロック画面にする  Windows

席を立つときに、わざわざノートパソコンのカバーを閉じたりしていませんか?

カバーの開け閉めは、モニターが故障する原因につながるので避けたいですよね。

[Windows+L]を押すことで瞬時にロック画面になるので、他人が勝手に操作できなくなります。

タスクバーのアプリをピンポイントで起動する

タスクバーからアプリを起動する  Windows 1~9 

タスクバーにピン止めしたアイコンをクリックすることなく、ショートカットキーを押すことで起動できます。

Windows10の場合、標準ではコルタナの検索ボックスとタスクビューボタンがあるので、その隣にあるアイコンが「1」になります。

僕の場合は、一番左に「すべてのアプリを閉じる」のアイコンをピン止めしているので、[Windows+1」を押せばすべてのアプリを一発で閉じることができます。

※すべてのアプリを閉じるようにする方法はこちらの記事を参考にしてください。

参考記事

ウインドウを動かす

選択したウィンドウを移動させる  Windows 矢印 

選択しウィンドウ画面を、マウスを使わずに移動できるショートカットキーです。

特に、左右にウインドウを並べて作業するときなんかに使います。

動かすウインドウは、先ほど紹介した[Alt+Tab]を押せば選べますよ!

スクショを撮る

スクリーンショット  Windows Shift

Windows標準の「切り取り&スケッチ」を起動させるショートカットです。

ただこれは使いにくいので、僕は使っていません。

代わりに「Lightscreen」というスクショソフトを使っています。

操作性がシンプルで使いやすい、しかも軽いので、標準のスクショが使いにくいな~と思っている人にはこちらがオススメです。

参考記事

エクスプローラー

フォルダ操作

新規フォルダの作成  Ctrl Shift

「右クリック」→「新規作成」→「フォルダ」という3ステップを踏まなくても、一発で新規フォルダを作成できる便利なショートカットキーです。

ファイルが邪魔で右クリックできないときなんかでも、これ一発で新規フォルダがつくれます。

複数の範囲を選択する  Shift を押しながら選択

複数の範囲を選択したいときに使える技です。

選択したい範囲の先頭をクリックし、選択したい範囲の一番最後を[Shift]を押しながらクリックすると、その間のファイルがすべて選択されます。

選択したい範囲の最後をクリックし、[Shift]を押しながら選択したい範囲の先頭をクリックしても同じように範囲内が選択されます。

これ、意外と知らない人多いんですよね。。。

もし「知らなかった…」という人はぜひ活用してください。

ブラウザ操作

エクスプローラーでも使える!

アドレスバーを選択  Ctrl

リズムよく検索を回すのに役立ちます。

ちなみに僕は「アドレスバーを選択( Ctrl+L )」をマウスのボタンに割り当てて、「コピー(G5)」→「アドレスバーを選択(G10)」→「貼り付け(G6)」という流れで検索をバンバン回しています。

[G5・G10・G6」というのはボタンの名前です(下の記事を参照)。

※マウスのボタンにキーを割り当てて作業効率をもっと上げたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください↓

参考記事

意外とよく使う!

戻る  Alt ← 
進む  Alt → 

キーボード操作をしていて、いちいちカーソルを動かしたくないときによく使います。

タッチパッドのジェスチャーで「戻る・進む」操作もできるんですが、2本指でサッとするあの動きがどうも苦手……という方にも使ってほしいショートカットです。

ブラウザのタブ操作

タブの移動に!

タブを右に移動する  Ctrl Tab 
タブを左に移動する  Ctrl Shift Tab 
狙ったタブに切り替える  Ctrl 数字 

タブを右に左に、ときには狙ったタブをピンポイントで開きたいときのためのショートカットキーです。

リサーチのために複数タブを開いているときや、WordPressでプレビュー画面と行き来するときなんかによく使うショートカットキーです。

関連記事

不要なタブは閉じよう!

タブを閉じる  Ctrl

不要なタブは邪魔になるので、用がなくなったら即「Ctrl+W」で閉じちゃいましょう。

リサーチするときに便利!

リンク先を新しいタブで開く  Ctrl + クリック 

検索結果に表示された見たいページを一気に複数タブで開いておき、後で内容をバーッと見るために使います。

いちいち検索結果に戻る手間が省けるので効率がいいです。

さらにPC操作を楽にするには?

最後に、さらにPC操作を楽にする多ボタンマウスについて触れておきます。

多ボタンマウスとは、その名の通りたくさんボタンがついているマウスのことです。

多い場合は20個ぐらいのボタンがついています。

こんなやつ!

Logitech
¥5,320 (2021/11/21 13:56時点 | Amazon調べ)
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場
\ヤフー年末大感謝祭開催中!/
Yahooショッピング

なにがすごいかって、このボタン一つひとつに好きな機能を割り当てられるところです。

たとえばサイドボタンにコピペを割り当てるとか、EnterとかDeleteキーを割り当てることもできます。

参考記事

マウスを併用している場合は、多ボタンのゲーミングマウスに変えることで劇的に作業効率がアップします!

興味ある方は一度チェックしてみてくださいね(*^-^*)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

管理人「KAZU」

変態的なまでに効率化を追求するのが好きな3人子持ちパパ。

チート並みの効率化を目指す!

それはずるい! と言われるような「楽に」「早く」仕事をこなす方法を公開

-作業効率化