画像編集

PhotoScape X で画像に「吹き出し」を挿入する方法

どうも、 効率化大好き カズ です。

今回は、PhotoScape X で画像に「吹き出し」を挿入する方法を紹介します。

吹き出しを挿入する方法は2つ。

  1. PhotoScape X標準機能にある吹き出しを使う
  2. 別途 吹き出し画像を用意し挿入する

イメージはこんな感じです。

標準の吹き出し
吹き出し素材

それぞれ詳しく解説していきます。

PhotoScape X標準機能にある吹き出しを使う

PhotoScapeXの標準で使える吹き出しは20タイプ2パターン。

標準の吹き出し

これら標準の吹き出しは、以下の機能が使えます。

  • 縦横比を変える
  • スタイルの変更
  • 色を変える
  • 角度を変える
  • 透明度を変える
  • アウトラインを入れる
  • 影をつける
  • 光彩をつける
  • 変形

この中でも、

  • 縦横比
  • 回転
  • アウトライン
  • 光彩

この5つをよく使います。

この5つだけで通常の吹き出しは十分!

PhotoScape X の吹き出しを使う手順

PhotoScape X をインストールしている前提で手順を進めていきます。

もしまだダウンロードしていない方は、こちらの記事を参考にダウンロードしてください。

1.まずは編集画面に背景画像を用意します(なんでもOK)。

2.「挿入 」⇒「図 」⇒「Bubble 」の順にクリックすると合計40個の吹き出しが表示されるので、好きな吹き出しを選ぶ。

3.「縦横比」のチェックを外す。

チェックを外すことで、横長や縦長に形を変えることができます。

4.色を変更する。

今回はわかりやすいように白を選択します。

5.アウトラインを入れる。

吹き出しの輪郭をハッキリさせたいときに有効です。

6.光彩をつける。

周りに影をつけることで、 吹き出しが 浮かび上がって見えます。

7.あとはテキストを入れて大きさを調整すれば完成です。

「回転」を使って向きを変更する

吹き出しの「しっぽ」の向きを変更するには「回転」を使う必要があります。

たとえばこんな感じで!

回転でできるのは、

  1. 左90度
  2. 右90度
  3. 180度回転
  4. 水平方向に反転
  5. 垂直方向に反転

です。

これらを使って向きを変更してください。

<回転の手順>

1.「左90度」と「右90度」は のアイコンをクリックすれば回転します。

2.「180度回転」「水平方向に反転」「垂直方向に反転」は、「・・・」 ⇒「回転」 の順にクリックすると出現します。

この機能を使って、しっぽを最適な位置に調整してください。

たとえば、吹き出しのしっぽを真反対の右にもっていきたい場合は「水平方向に反転」を押せばいいし、上にもっていきたい場合は「垂直方向に反転」を押せばOKです。

別途、吹き出し画像を用意し挿入する

困る人

PhotoScape X にある吹き出しはなんだかもの足りないなぁ~

という場合は、別で用意した吹き出しイラストの使用をオススメします。

たとえばこんな感じの吹き出しとかですね。

激しい言葉
妄想
心の声

吹き出し素材のDLはこちらのサイトがオススメです。

1000個以上のふきだし素材が「無料」でダウンロードできる、まさしく「ふきだし専門サイト」です。

ふきだし素材専門サイト「フキダシデザイン」

この記事のアイキャッチに使用している吹き出しは、こちらのサイトからダウンロードしたものです。

【商用OK】漫画風フリー素材ふきだし編40個

吹き出し素材を画像に挿入する手順

1.メニューの「挿入」 を開き「イメージ」 を選択。

吹き出し素材を保存しているフォルダを選択し、使いたい吹き出しをダブルクリックすると、画像に吹き出しが挿入されます。

イメージメニューは吹き出しメニューとは異なり、調整できる項目が少ないです。

イメージメニュー
吹き出しメニュー

今回は「縦横比の固定」の解除だけ使って、吹き出しイメージを調整したいと思います。

2.「縦横比の固定」を解除し、吹き出しイメージの「大きさ」と「位置」を調整します。

3.あとはテキストを挿入すれば完成です。

サンプルのような感じで文字を「縦書き」にするには、「一文字ずつ改行して縦に並べる」しかありません。

今のところこの方法しかないので、アップデートに期待しましょう。

ちなみに棒線は、 縦線(BackSpaceの左のキー)を使っています。

まとめ

今回は、PhotoScape X で画像にナイスな「吹き出し」を挿入する方法をご紹介しました。

吹き出しは基本シンプルなほうが使いやすいと思うので、PhotoScape X のデフォルト機能だけで十分だと思います。

もしもの足りなければ、吹き出し素材をダウンロードして使ってください。

最後に吹き出しを「無料」でダウンロードできるサイトを貼っておきます。

※PhotoScape X のダウンロードがまだの方は、こちらの記事を参考に進めてください。

⇒ PhotoScape X「ダウンロード手順」をわかりやすく解説【Windows版】

その他「PhotoScape X」の使い方一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

アフィリエイト歴 13年

変態的なまでに効率化を追求するアラフォー。

もっと 楽 で 簡単 に「仕組化」できないか? を常に考えて生きています。

<得意なこと>
・ブログの外注化
・インストラクターのSEO集客

-画像編集
-